将来の自分のために「毎日の行動」を記録せよ!【ステップ6】

おさるの
おさるの

こんにちは!おさるのです。ビジネスへの第一歩を踏み出した個人事業主です。ウォリおさんに「集客」について2時間ほど個別のコンサルティングを受けた内容を、私、おさるのがお届けします。

 

ウォリお
ウォリお

今日の記事は、起業間もない人の目線から学べる内容になりますね!

おさるの
おさるの

この記事をご覧のあなたは「集客目標を立てたけど、その人数の申し込みがなかなか来ない」という経験はありませんか?

  • 集客ってそもそも誰に習えばいいの?
  • 集客って何から手を付けていいか分からない

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、ビジネス初心者の「集客目標人数を達成するためにどんな戦略を立てて、満員御礼にするか?」というお悩みを、ビジネスコンサル件数1,373件の実績を持つウォリおさんの観点から7ステップで解決します。

おさるの
おさるの

望む集客を実現するステップは以下のとおりです。

満員御礼を実現する7ステップ
  1. 集客目標を設定せよ!
  2. 顧客動線を設定せよ!
  3. 必要ウェブメディアを準備せよ!
  4. KPIを設定せよ!
  5. 集客アクションを設定せよ!
  6. 毎日の行動を記録せよ!
  7. 毎日PDCAせよ!
ウォリお
ウォリお

このステップとおり行えば、望む人数の集客が実現でき、満員御礼が当たり前になります。ぜひ繰り返し読み直し、何度も実践し、身につけてくださいね。

おさるの
おさるの
前回までの記事はこちらです。
集客時に満員御礼を当たり前にする集客計画の立て方7ステップ~個人起業家の集客戦略~
おさるのこんにちは!おさるのです。ビジネスへの第一歩を踏み出した個人事業主です。ウォリおさんに「集客」について2時間ほど個別のコンサルティングを受けた内容を、私、おさるのがお届けします。ウォリお今日の記事は、起業間もない人の目線から学べる内
「数+期限」が定められた集客目標を設定せよ!【ステップ1】
おさるのこんにちは!おさるのです。ビジネスへの第一歩を踏み出した個人事業主です。ウォリおさんに「集客」について2時間ほど個別のコンサルティングを受けた内容を、私、おさるのがお届けします。ウォリお今日の記事は、起業間もない人の目線から学べる内
お客様が申し込みまでたどり着く流れ「顧客動線」を設定せよ!【ステップ2】
おさるのこんにちは!おさるのです。ビジネスへの第一歩を踏み出した個人事業主です。ウォリおさんに「集客」について2時間ほど個別のコンサルティングを受けた内容を、私、おさるのがお届けします。ウォリお今日の記事は、起業間もない人の目線から学べる内
https://takuhirokosa.com/shuukyaku-webmedia/
KPIを設定して「やれば必ず実現する」集客計画を描け!【ステップ4】
おさるのこんにちは!おさるのです。ビジネスへの第一歩を踏み出した個人事業主です。ウォリおさんに「集客」について2時間ほど個別のコンサルティングを受けた内容を、私、おさるのがお届けします。ウォリお今日の記事は、起業間もない人の目線から学べる内
集客目標達成を実現する具体的行動を洗い出せ!【ステップ5】
おさるのこんにちは!おさるのです。ビジネスへの第一歩を踏み出した個人事業主です。ウォリおさんに「集客」について2時間ほど個別のコンサルティングを受けた内容を、私、おさるのがお届けします。ウォリお今日の記事は、起業間もない人の目線から学べる内

ステップ6.毎日の行動を記録せよ!

おさるの
おさるの

毎日の行動を記録せよ!というのは、日報みたいなものを書くってことですか?

ウォリお
ウォリお

日報形式でもいいですよ。カタチにこだわるよりも、「自分の行動と結果をあとから見返して分かるように書く」ということが大切ですね。

おさるの
おさるの

「自分の行動と結果をあとから見返して分かるように書く」ですか。

ウォリお
ウォリお

そうです。「自分の行動と結果」を記録しておけば、あとから見返せますよね?

おさるの
おさるの

はい、見返せますね。

ウォリお
ウォリお

見返したら、「ああ、前に集客にチャレンジした時には、こんなことを行ったんだな」「facebook告知は上手くいったけど、紹介依頼は上手くいかなかったな」と、思い出せますよね?

奈緒さん
奈緒さん

思い出せます!行動しているときは、集中しているから、終わってから思い出すのは大変そう!

ウォリお
ウォリお

行動記録は嘘をつきませんし、あとから見返すこともカンタンです。

奈緒さん
奈緒さん

都度記録しておく作戦、すごくいい気がしてきました!

ウォリお
ウォリお

次に集客するときは、前回よりラクに集客したいですよね?前回上手くいった手法は再現すればいいし、前回上手くいかなかった手法は改善すればいい。めっちゃシンプルです。

おさるの
おさるの

なるほど。

ウォリお
ウォリお

再現するにあたって、「いつどんなアクションを取ったのか?」「どんな結果になったのか?」が重要になるわけですね。だから「取ったアクションとその結果」を必ず書いておくことが大切です。

奈緒さん
奈緒さん

めっちゃ大事ですね・・・。

ウォリお
ウォリお

もし「前回の集客は、時間が足りなくてできなかった」って結果だったとしたら、「外注する」「人に頼んで手伝ってもらう」という「アクションの改善」もできますね。

奈緒さん
奈緒さん

外注って、大きい会社がやるものだと思ってました。でも、アクションの改善の結果、外注するとしたら、なんだかすごくビジネスしている感じが出てきました!

ウォリお
ウォリお

今、まさに個人起業というビジネスに乗り出したんですから、どんどん改善していきましょう。まとめますね。

ステップ6・毎日の行動記録の定義

毎日の行動記録=取ったアクションと結果を記録する

記録したい項目の具体例

奈緒さん
奈緒さん

理屈はわかりました。けど・・・具体的に何を記録しましょう?

ウォリお
ウォリお

そうですね。例えば「メルマガ配信」なら、「いつ送ったか」「どんなタイトルで送ったか」「どんな内容を送ったか」「何人に配信したか」これが「行動の記録」ですよね。

奈緒さん
奈緒さん

ああ、よくわかりました、すごくシンプルですね。 

ウォリお
ウォリお

全然難しくないですよ!次に、「結果の記録」は、「何人に開封してもらえたか」「何人にメルマガ内のURLをクリックしてもらえたか」これらとなります。

おさるの
おさるの

行動と記録はそういう風に書けばいいんですね。

【事例】開封率を高めるための改善策を見つけてみよう

ウォリお
ウォリお

「行動と結果の記録」を踏まえて、例えば、「メルマガの開封率が低い」ってことが分かった場合には、何を改善したらいいですかね?

奈緒さん
奈緒さん

開封率・・・内容をよくする?

ウォリお
ウォリお

それもあると思いますね。もう1個はダイレクトなやつは何でしょう?

おさるの
おさるの

ダイレクトなやつは・・・・

ウォリお
ウォリお

難しいですかね。実は、正解は「タイトル」なんです。タイトルだけで、読者を開けたい気持ちにさせることができるんです。

おさるの
おさるの

中身じゃなくてタイトル!

ウォリお
ウォリお

そうです。メルマガの中身をどれだけ改善しても、メールは「開かれなければ見られない」という特性がありますよね?

おさるの
おさるの

そう言われてみたらそうですね。メールは「開かれなければ見られない」見られてないものを改善しても見られない。意味ないですね。今まで私、ピント外れな改善をしていた気がします。

ウォリお
ウォリお

メルマガ購読者の名前がタイトルで名指しされるかで、開封率って全然違うんです。直近の私の行動記録によると、名前が入っていないタイトルの開封率が15.7%、入っているタイトルが22.5%。だいたい7%くらい違うんです。

おさるの
おさるの

そんなに違うんですか!!

ウォリお
ウォリお

はい。なので、一番読んでもらいたいランディングページをメルマガ配信するときは「タイトルに購読者の名前を入れる」というアクションを取ることを決めています。

奈緒さん
奈緒さん

確かに、行動と結果を記録しておけば、そうやって開封率改善のアクションを取れるってことですね!

ウォリお
ウォリお

そうです。その日のうちに改善できる行動が見つかることもありますし、記録があればあとから分析するのも簡単です。

ステップ6・毎日の行動記録で得られる3つのメリット
  • 自分の行動量をイメージではなくデータで把握できる
  • 行動記録の結果、アクションを改善していける
  • 何をどのくらい行えば実現できるか、人に教えられる教材となる
おさるの
おさるの

こうやって行動と結果を記録するって、今までやったことがないので新鮮です。

ステップ6・毎日の行動記録のアクション

毎日の行動記録=取ったアクションと結果を記録する

あなたが集客のために取った行動と結果、かかった時間を記録しよう!

ウォリお
ウォリお

まずは集客に向けてのアクションと結果、かかった時間を記録化することから始めましょう!

つづく

ウィズコロナ時代に合った「オンラインコミュニティ」を立ち上げて、マネタイズ・収益化する方法をメール講座でお届けします。まだメール講座に登録していない方は以下からご登録ください。
おさるの

静岡県在住。30代の寺嫁。行動力はあるものの、極度の人見知り。60人以上のお年寄りを看取り、地元で死生に関するイベントを開催。家庭の事情で退職してから、フリーランスのブログライターになるものの、低単価・長時間労働で行き詰まりを感じていた。あるオンラインコミュニティで参加メンバーがどんどん成果を出していく姿に刺激され、オリジナルビジネスを立ち上げに挑戦することに。お金のメンタルブロックが強く「希望価格を相手に提示できない」という悩みを抱えていたが、「ほめほめ日記」をつけることで、自分の欲しい金額を請求できるように。その経験を元に、「ほめほめ日記チームチャレンジ」というチャレンジ企画を準備中。最近、ウォリおの大学の後輩であることが判明。

おさるのをフォローする
オンラインサロン会員の集客戦略
おさるのをフォローする
オンラインサロンマーケティング
タイトルとURLをコピーしました